【片頭痛の原因・対処対策方法】コーヒー”カフェイン”がおすすめ?鎮痛剤(ロキソニン)の注意点とは?

片頭痛が起こる原因や対処対策方法とは?

『片頭痛の軽減方法』について私の実体験を含めてまとめてみました。

片頭痛が起こる原因(20代~40代女性に多数?)

私は、もう15年近く「片頭痛」に悩まされてきました。

「片頭痛」とは「緊張型頭痛」の次に多い頭痛で、20代から40代の女性に特に多くみられるようです。

「片頭痛」が起こる原因ははっきりとは解明されておらず、頭骸骨内の血管が広がり炎症を起こした為と考えられているようです。

「ストレス」や「疲労」が引き金となる事もありますが、私の場合は「低気圧」が近づくと「片頭痛」が起こりやすくなります。

また気圧の影響で頭の血管が広がるのが原因かもしれません。

片頭痛の主な症状

ズキズキと波打つような痛みが特徴で、光や音に敏感になったりする事もあります。

「片頭痛」が起きている時はテレビを見るのが辛い事があります。

無理に動くとさらに頭痛が悪化してしまうので、なるべく安静にしている方が良いです。

片頭痛の対処法や軽減方法

「片頭痛」が起こっている時は、無理に動くとさらに痛みが増しますので、なるべく安静にし、できれば横になった方が楽になります。

入浴やマッサージは避ける

血管をさらに広げてしまう「入浴」や「マッサージ」は避けて、頭痛が治まってからにした方が良いです。

こめかみを押さえたり、冷やしたりするのが効果的です。

こうする事によって広がってしまった血管の血流を抑える事が出来ます。また、私は「コーヒー」を飲むと比較的痛みが軽減されます。

片頭痛にコーヒーがおすすめ?カフェインが効果的に働く?

「コーヒー」に含まれるカフェインには血管を収縮させる作用があるので、「片頭痛」に効果的だと言われています。

「コーヒー」以外にカフェインを含む飲み物は、「紅茶・ココア・緑茶」などがありますので、「コーヒー」が苦手な方はこれらの飲み物を飲むと効果的です。

しかし、カフェインの過剰摂取は頭痛を悪化させてしまう可能性もあるので、「コーヒー」ならば1日2杯程度にしておいた方が良いです。

それでも、痛みが治らない場合や痛みがひどい場合などは「鎮痛剤」の服用をします。

鎮痛剤=ロキソニンがおすすめ?注意点もあり!

私は、「ロキソニン」を服用していますが「鎮痛剤」の中では強い薬になるので、なるべく食後30分以内に飲んだり、胃薬と一緒に飲むようにしています。

また、あまり「鎮痛剤」に頼ってばかりいて「片頭痛」が起きたらすぐに服用するというサイクルが出来てしまうと、「鎮痛剤」が効かなくなってしまう事も考えられるので、自分で出来る対処法と「鎮痛剤」を上手に併用して対処していく事が大事だと思います。

片頭痛を治すには体質改善がおすすめ(まとめ)

とはいえやっぱり「片頭痛」を完全に治すのは難しいです・・・。

が、そうもいってられませんので・・・^^;

普段使っている枕を変えてみたところ、以前に比べて頭痛がマシになりました。

参考:http://a-bubble-style.info/

とネットで頭痛対策は?的な口コミを見ていると枕を変えることもひとつの案だということが分かります。

私自身もそういった小さなことが大事だと考えています。

ここでまとめると私が考えるに片頭痛を治す方法としておすすめなのは体質改善やストレスを極力無くす努力が「片頭痛」を解消する近道だと思います。

時間を作って軽く運動を定期的に生活に取り込むなどはした方が絶対に良いかと思います。

そして何よりも日頃から”なるべく疲労を溜め込まない生活を心掛ける”ということが大切かと思います。